建築士の最近のブログ記事

表彰を受けました

| コメント(0)

DSC09871.jpg
私が現在、副支部長を務めている、一般社団法人建築士会諏訪支部より功績賞を頂戴しました。
他の方より少しだけ役員を長くやったと言うだけですが・・・

DSC08029.jpg

平成25年度の長野県建築士会通常総会に参加しました。
会場は久しぶりの長野市。
ここ数年は中信地域が多かったのですが、また長野メインになってしまうのでしょうか?

建築士会を憂う

| コメント(0)

昨日は建築士会諏訪支部協議会+懇親会に出席。
久々に諏訪市内で吞む事が出来ました。
以前は支部総会と言っていましたが、近年「協議会」となりました。

長野県建築士会はスッタモンダで、今月から一般社団法人となりました。
とはいえ、中身が変わるわけで無し。
でも会費は値上げされました。

新潟を巡る

| コメント(0)

少しお休みを頂いて、建築士仲間と新潟を巡ってきました。
本来のメインイベントは、平成24年度関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会新潟大会だった訳ですが、もうそろそろオジさんの域に入りましたので、こちらは懇親会程度の出席にとどめ、翌日から、お付き合いのある新潟建築士の皆さんを交え、南魚沼の面白そうな所へ連れて行っていただきました。


DSC05620.jpg

東京・新木場で行われた、木のいえづくりセミナーに参加してきました。
木造住宅に関わる人を対象とした勉強会です。

内容は以下の通り。

第一部
木造住宅の構造設計の基礎(46条壁量計算、四分割法、N値計算、床倍率等)

第二部
木造住宅の性能を確保する施工技術(地域材を活用した長期優良住宅の施工技術)

特に第一部を期待して行きましたが、期待通りの内容でした。

霞ケ関出版社 廃業

| コメント(0)

今年は建築関連法令集を買おうか思案していたところ、いつも買っている霞ケ関出版社のサイトを開いたら、平成 24年1月31日で廃業されたとのこと。

私がこの業界に入ってから使ってきた法令集といえばこの「青本」でした。
試験でも実務でも利用させてもらっていました。
この法令集自体は井上書院に引き継がれるようですが、井上書院自身でも「黄本」を出していますから、将来的にはどうなるか不透明ですね。

 

DSC05259.jpg

世の中、規制緩和に向かっている中、建築士に関しては締め付けが厳しくなる一方です。

建築士定期講習もその一つで、建築士法に明文化されてしまったので、受けざるを得ないので、

仕方なく出掛けてきました。申し込みも面倒でした。

 この講習、ダメだと思うところは以下の通り。たくさんあります。

DSC05213.jpg

嫌な制度が始まったものです。

 平成18年12月20日に公布された新建築士法で、建築士事務所に属する建築士は、3年ごとの建築士定期講習が義務付けられることになってしまいました。

仕方ないので今年受けることにしましたが、この手続きが非常に手間が掛かります。

まず、申込書を手に入れるのに建築士事務所協会の支部に行く必要があります。

建築確認手続き等の運用改善に係る講習会    (小規模建築物(木造住宅等))に出席しました。

講習会自体はサンパートナーズ(株)と言う会社が請け負っていたようですが、講師は長野県建設部の職員の方。

DSC02012.jpg

総選挙で実施が先延ばしになっていた、岡谷市総合防災訓練に建築士会として参加しました。

我々は、有事には避難施設の応急危険度判定を行うためです。この日は体育館の判定訓練を行いました。

会場となった長地小学校には多くの特殊車両が。

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • images
Powered by Movable Type 4.27-ja