コンピュータの最近のブログ記事

8年ぶりくらいにパソコンを購入。
前回と同じく、エプソンダイレクトのノートパソコン、Endeavor NJ5970Eです。
BTOで選んだのは、以下。

Windows 10 Pro 64bit
CPU インテル® Core™ i7‒4910MQ プロセッサー (2.9GHz)
メモリ 16.0GB(8.0GB×2) PC3L‒12800 DDR3L
ハードディスク 250GB シリアルATA 600MB/s対応 5400rpm
光ディスクドライブ スリム Blu-ray Disc ドライブ(BDXL™対応) シリアルATA 対応
無線LAN機能 IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠無線LAN+Bluetooth 4.0モジュール
6年間 お預かり修理(PC本体)
4年間 安心プラス保証(PC本体)
P_20151223_110609.jpg

エプソンダイレクト株式会社


さくらインターネットのサーバーコントロールパネルに、「メール送信数グラフ」という機能が追加されていた。 たまたま今日、気付いただけなのだが、チェックしてみると驚愕の事実が・・・
SnapCrab_NoName_2016-2-8_9-20-57_No-00.jpg

2016/01/25 308 通

なんじゃこりゃ・・・(((( ;゚Д゚)))

radiko(ラジコ)の登場により、AMラジオをクリアーな音声で楽しめるようになって数年。
小学生の頃からのラジオ好きとしては、いい世の中になってきました。
でもPCだけだと録音が出来ないのが難点。
フリーソフトもありますが、いかんせん動作が不安定・・・
思い切って、ラジオ録音ソフトを導入しました。


私が購入したのはダウンロード版で、価格は¥1,886 でした。
パッケージ版もあります。(¥2,691)
カスタマーレビューの数がダントツで、高評価多し。

2007年に購入した、エプソンダイレクトのノートPC 「Endeavor NJ5000Pro」に今更ながらWindows7を新規インストールします。
ついでにハードディスクも1TBにします。
DSC07912.jpg
アップグレードでないので、あらかじめアクティベーションが必要なアプリケーションを
削除しなければなりません。
また、何のアプリケーションを使っていたかデスクトップのスクリーンキャプチャを取っておいたのが役立ちました。すごいアナログだけど。
エプソンダイレクト株式会社

三井住友銀行のフィッシング詐欺メールが届きましたよ。
smbcmail@server.co.jp

飛ばされるアドレスは
http://%20japan1234.aa126.com/
メール本文は以下の通り

DSC05623.jpg
LOGICOOL ワイヤレスマウス マラソンマウス Unifying対応レシーバー採用 M705r を購入しました。(写真右)

これまではロジクール MX レボリューション MX-Rを使っていましたが、購入から5年が経過し、充電機能も低下していたので、電池使用のマウスを物色していました。
自分で充電池交換が出来れば、末代まで使うつもりだったのに。

並べて比べるとM705rのほうが小さい。この小ささが多少心配でしたが、慣れの問題でしょうから我慢です。

メガソフトの3Dマイホームデザイナーが、バージョンPRO7となったので、オフィシャルガイドブック付を購入しました。

これまでPRO5を使用していて、特に不満もなかったですが、新しいバージョンではDXF出力が出来るようになったりしてきたので、優待価格で買うことにしました。

PREMIUMバージョンでは、先代からのインターネットレンダリングソフト「Optimage」標準装備ですが、パースはそれほどリアルでなくてもいいのが持論なので、私には不要です。

さて、パッケージを開けると、インストールディスクが3枚もあり、インストールにはそれなりの時間が掛かります。ジャンルは違いますが、パーツ・テクスチャーの多い年賀状作成ソフトなんかはDVDを出している所もあるので、見習って欲しいところ。

また、起動時にパーツを読み込むせいか、起動時間が長く掛かるようになってしまいました。
ウチのパソコンはノートですが、PRO5ではストレス無く立ち上がっていただけに、残念。

 

DSC05281.jpg

2007年に購入した、エプソンダイレクトのノートPC 「Endeavor NJ5000Pro」ですが、原因不明のブルースクリーンが頻発しており、ハードディスクが原因かと思い、昔のものに変えOSを再インストールしようとリカバリーディスクを入れ、ファイルを読み込んだところで再びエラー。

これでHDの疑いはちょっと晴れたので、メーカー修理を依頼する事にしました。

今日から仕事が増えそうなので、せめて一月早く壊れてくれれば良かったのに・・・

 

DSC03593.jpg
あるソフトをインストールする最中、Vistaではじめてブルースクリーンに遭遇しました。
ただ、そのソフトが原因かどうかは現時点で不明なので、ソフト名はナイショです。
CDを入れ、読み込んでいる最中に最初のエラーが出て、その後日をまたいで26回程度連発し、困りました。

以下覚え書き。

OS付属のイベントビューア(eventvwr.exe)でチェックするも、よく分からないので検索して見つけたBlueScreenView v1.28でチェック。
これは、一瞬で消えてしまうブルースクリーン画面を再現できる。
その結果、原因と思われるドライバファイルがいくつか出てきた。
Ntfs.sys
ntkrnlpa.exe
fileinfo.sys
fltmgr.sys
hal.dll
などなど・・・ググってもよく分からないものばかり。
その間にもBS頻発。ひどいときには再起動直後で発生し勝手に再起動を繰り返す始末。

セーフモードでならほとんどの場合で立ち上がるが、これも絶対ではなく、CDからの立ち上げにも失敗。

DSC03404.jpg

6年くらい前に買ったDELL Latitude D505。
当時からセカンドユースです。まとめて購入だったので10万円でした。

なぜ換装を思い立ったかというと、速度に不満があったわけでなく、
(セカンドだし)今ついている
14 .1 インチTFT XGAカラー液晶ディスプレイ
を将来的に
15 インチTFT SXGA+カラー液晶ディスプレイ
に換装したいな~なんて思っていたのですが、
これが、インテル® Pentium® M プロセッサのみ対応とのことだったためです。

購入時の仕様は
インテル® Celeron® M プロセッサ 350(1.30GHz)512KB Banias
でしたが、これを
インテル® PentiumM プロセッサ 745 (1.80GHz)/ 2M Dothan
に換装します。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • images
Powered by Movable Type 4.27-ja